ONE*SMILE

健康診断

d0091001_23464277.jpg

今日は「就学時健康診断」の日。

初めて春から通う小学校に入れる!という事で、1は何の心配もなくワクワク。
マミーはいろんなドキドキ(笑)

廊下ですれ違う生徒さんや先生に自分から「こんにちは」と頭を下げる1。
やるじゃーん!

そんな姿に「成長したなぁ」と感動と同時にちょっとの寂しさ。
うーん。
複雑(笑)

健康診断は親と1年生(仮)は別行動。
何してんだろーとか、知らない子としゃべってるかなーとか考えながら
スクールカウンセラーの講義を聞く。
1は知らない子と関わるのは得意中の得意。
だけどいざとなるとやっぱり心配でした。

が。
別教室にいる1のところへ迎えに行くと、みんなと一緒にちょこんと席に着いてDVDを観ていました。
その後ろ姿がまた…(涙)
とてもたくましく見えました。


今日の講義の中で興味深かった話。

子どもの話したい事=親の聞きたい事 とは限らない。
親はどうしても学校での様子が気になり、
「今日どうだった?」「何かなかった?」と聞いてしまう。
でも子どもにしてみたら一番答えにくい質問で、それを日常的に繰り返す事で
だんだん返ってくる答えが「別に」「まあまあ」になってしまう。
子どもは親がきちんと向き合ってくれているかに敏感で、
心が開いていれば自分から何でも話してくれる。


なるほどなぁ。
そうだよなぁとかなり納得。

そして自分を振り返ると、確かに根掘り葉掘り聞いてる…。
だってどうしても気になるもんなぁ(笑)

待つ姿勢が大事。
ふんふん。

心を開いて何でも話してくれる「親子関係」を維持していかねば!
マミーも春から「新一年生」だ。な。
[PR]
by mommy1_2 | 2008-11-20 23:48 | 成長