ONE*SMILE

子どもの心が かがやくとき

昨日、児童文学作家の漆原智良氏の講演を聞いてきました。
大まかに言うと、「子育てについて」の内容だったのですが、感心したり、反省したり、納得したり、すごく為になりました。
話を聞くまでは、正直、眠くなるかもーなんて思っていたのですが(ゴメンナサイ)、
気がついたら、必死にメモを取っていました。
自分でもビックリ!(笑)

昨今は『怒る』と『叱る』を混同している親が多い。
怒るは感情をぶつける行為。
叱るは相手を諭す行為。


ドキッとしました。ほんとにそうです。そうなんです。
私は完全に「怒る」人間でした。
子ども達が自分の思い通りにしてくれない、だから怒る。
あー反省です…。
恵まれた時代だからこそ、しっかり育てていかないといけないんだ!と
『親』という責任の重大さを、改めて実感しました。
すごくいい時間でした。

子育て中の人!ぜひ読んでみて下さい!
なぁんて、私もまだ読んでませんが…(笑)

子どもの心がかがやくとき漆原智良著

d0091001_233533.jpg

静かな時、それは別々 に遊んでいる時。
今夜はお互いそんな気分らしい。
1は車あそび。2はひとりおままごと。

いつものパターン。
それは、どっちかの持っているおもちゃの取り合い。
「取られた方」は、しょうがなく違うので遊ぶ。
そこに「取った方」がまた、人がよく見えて取りに来る→ケンカ。
でもマミーは、にーたんの本気で怒った姿がすごくおかしい(笑)
やめなさーい!と言いつつ、笑ってしまうのです。
[PR]
by mommy1_2 | 2006-11-04 00:16 | 思うこと